PANOLIN

メニュー

ユーザー事例紹介

  • ユーザー名: イワフジ工業株式会社様
    本社所在地: 岩手県奥州市水沢区字桜屋敷西5番地1
    会社概要: 林業機械の総合メーカー
    創立 1950年(昭和25年)8月1日
    資本金 3億円
    事業所数 10

    採用した弊社製品: HLP Synth 46 油圧作動油

  • ラジキャリー BCR-130B

導入経過

ISO14001の取組みで、生分解性チェンソーオイルを使用。

2005年からプロセッサ、ハーベスタ、グラップルソーに充填して出荷。それ以前でも数種類のチェンソーオイルを評価。
業界情報や海外の情報誌、林業機械展示会などから2004年以前にも生分解性作動油の認識はあった。また、作動油については日常点検で機械からの流出を防げるので、価格と入手性を考慮して採用を見合わせていた。
2016年の森林・林業・環境機械展示実演会出展を契機に、岡田商事では小ロットでも製品の供給が可能なことがわかり採用の検討を開始した。

採用理由

ラジキャリーBCR-130Bはワイヤーロープの架線に吊下げて設置し、ラジコンで遠隔操作を行うため、オペレータの目の届かない状況がある。このため万が一作動油が流出したとき気づかないことが想定される。また、山林内では谷を跨いで集材することが多く、自然への配慮が求められる状況。土壌や水中に速やかに分解されるPANOLINは最適の選択と考えた。

PANOLINの性能

林業機械は常に高負荷での運転を行うため、耐摩擦性や酸化安定性など油圧機器の高率化と寿命に期待している。ラジキャリーでの実績を評価して行く予定。